うさぎの趣味のお部屋

月は好きだけど月に行きたいとは思わないうさぎ。

神様になった日 を見た話② (ネタバレ有り)

こんにちは。うさぎです。

 

前回に引き続き、書いていきます!

前回はあらすじをたくさん書いたので結構な文量になってしまいましたが、今回は感想で結構な文量を目指したいです(笑)

htmt167.hatenablog.jp

 

 

 

ネタバレを含みますのでご注意ください。

 

 

 

今回は第4話から書こうと思います。

第4話、麻雀の回はかなり印象深いです。

うさぎ自身は雑魚ですが麻雀に親しみがあって、雑魚ですがたまに麻雀してます。雑魚なのでもっと勉強したいですが…。

雑魚の話(?)はさておき、陽太は美人弁護士コメンテーターの天願賀子の大ファンでした。それを知ったひなが、天願主催の麻雀大会に陽太を送り込みます。

しかし陽太は素人です…麻雀の役や点数など分かるはずもなく…負けるのは当たり前なのですが、ひなに指示された通り、ルールにない役で上がっていき訳の分からない点数を要求して、それが天願に認められて優勝してしまいます…!

例えば、「二色同順」とか「ドラ隣」とか「途中まで通貫」とか、「無限立直」とか!

挙句の果てにはウノのルールが取り入れられていましたが、ゴロの良さとか何かこう技名として成り立っている雰囲気のようなものが面白くてですね、わけわかんないのに面白かったです。

生粋の麻雀プレイヤー(麻雀愛好家さん?雀士と言うのでしょうか?)さんはこれを見てどう思われたのでしょうか、非常に気になりますが、既存のものから新しいものを作り出すことって簡単ではないと思うので、麻枝さんの独創性はすごいなって思いました。

 

そして第5話、伊座波さんの回ですね。

伊座波さんのお母様は亡くなって10年経ちますが、お父様がずっとお墓参りにも行かず家でふさぎ込んでいることを気にしていました。ひなと陽太がお父様を連れ出して話を聞いたところ、お母様の遺したビデオメッセージがあるが伊座波さんにはまだ見せられていないとのこと。ここでひなが一役買って、伊座波さんのお母様に成りすまして冥界から繋がる電話をかけてビデオメッセージの存在を伝えます。

この回は驚いたことが1つあって、実は電話口で聞こえている声は、相手の本当の声ではなく、よく似て作られた合成音なのだそうです!確かに、処理機能の簡便さを考えればその方が良いのかもしれません。ずっと相手の声だと思って聞いていたので驚きでした…!ひなが伊座波さんのお母様に成りすますという芸当も、この仕組みを利用すればできないことではないということですね。現実的には無理な話だと思いますが…。

ビデオメッセージの内容は、伊座波さんの誕生日を18歳まで祝うというもので、最後のメッセージまで見たら、お母さんのことを忘れてビデオも処分しなさい、というものでした。お母様は、自分を忘れて元気になる、という大魔法をかけてメッセージを終えます。

とても感動しました。こんなこと言ってはいけないのかもしれませんが、誕生日を祝うとか、ビデオメッセージってごくありきたりだと思いました。ですが最後の、自分を忘れて、という部分が予想を超えてきました。

人は、たとえ亡くなったとしてもその人を知る人の中で生き続けるわけじゃないですか。楽しかった思い出や悲しかった思い出と共にたまに想起されて、ずっと心の中にはいると思います。忘れるということは、自分が二度死ぬということと同じだと思うんです。遺された側としても、愛しい大切な人のことはずっと覚えておきたいと思うはずです。だからこそ、お父様はずっと閉じこもっていましたし、伊座波さんも内向的な性格になってしまったのだと思います。それは悪いことだと思いません。それだけ大切な存在で、ずっと忘れたくないという気持ちの表れですから。お母様がこの大魔法をかけたのは、そんな夫と娘の状況を見越して、自分の死を乗り越えて生きて行って欲しいという母や妻としての愛だと思いました。

でも忘れろという必要まではないと思いました。じゃあどうしてそこまで言ったのかなって考えてみたのですが、忘れて、って言うことで、忘れない魔法をかけたのではないかと思いました。人って意外と、忘れたいことほど忘れられない時があると思います。忘れてと言われたことはなおさら、そしてそれが自分にとって絶対に忘れたくない記憶なほど、簡単に忘れることはできないでしょう。伊座波さんのお母様は本当に忘れて欲しかったわけではなく、ちゃんと前を向いて幸せになって欲しいと愛しているからこそ考えて、こういう大魔法という方法を取ったのではないかと思います。ビデオを消すということは、ビデオがあるから何度も観れるという状況にさせないためで、それはより記憶を強く残させるのかな…って思いました。

まあ本当に忘れて欲しかったのかもしれませんが、それは麻枝さんのみぞ知る、ですね。麻枝さんの表現の仕方が好きです。

 

最初にも書きましたが、とても感動しました。

幸せになって欲しいです。

そしてまた告白のチャンスを逃した陽太はヘタレですね。

 

 

 

読んでくださりありがとうございました。

 

 

はな

 

 

 

2022/02/10

神様になった日 を見た話 (ネタバレ有り)

こんにちは。うさぎです。

今回は、タイトル通り、アニメ「神様になった日」を見た感想を書いて行きたいと思います!

 

ネタバレを含みますのでご注意ください。

 

 

 

神様になった日は、原作・脚本が麻枝准さんの、「Angel Beats!」「Charlotte」に続くオリジナルアニメーション第3作になりますね。

シャーロットから長い間新作が出ていなかったので、とても期待されていたようですが、自分が調べた限りではかなり厳しい評価を受けている印象です…。

かくいううさぎは、たくさん笑ってたくさん泣いて、情緒不安定になりました。

結論から言って面白かったですし、素敵な作品だと思いました。

まあ感じ方は人それぞれですし、期待値が大きかっただけに残念だというのも分からなくないのですが、気にせず書いて行きたいと思います!

 

 

主人公の高校三年生の成神陽太は、大学受験のために勉強に勤しんでいたある日「全知の神・オーディン」と名乗る神秘的な服装をした少女と出会います。

少女は重大な予言をしました。

それは、「30日後に世界は終わる」というものでした。

そして、全知の能力にふさわしく、オーディンはたくさんの予言をしてはそれを的中させたり、陽太の周りの人の願いを叶えていきます。

オーディンは本名ではなく、佐藤ひなという名前だった少女は、陽太のたくさんの友人と一緒に夏休みの30日間を楽しく過ごしていきます。

実はひなは、「ロゴス症候群」という病気で歩くことも話すこともできませんでしたが、興梠博士というある研究者の元で劇的な回復をしていたことが判明します。

ひなの頭には、興梠博士が開発したチップ型量子コンピューターが埋められており、それがひなの活動を可能にしていました。

ひなや興梠博士のことを調べていたとある企業のCEOや、それの協力者の鈴木央人は、チップの破棄を決定しひなは捕まって連れて行かれてしまいます。

ひながいなくなった後、陽太たちは今までと変わらないように過ごしていましたが、央人の行動によってひなの現在を知ろうと動き出します。

ひなは、頭のチップを取り除かれ、言葉も運動能力も失った状態でサナトリウムにいました。

陽太はそこに潜入しひなを家に連れて帰ろうと頑張りますが、拒絶されてしまいます。

潜入がバレてしまい退所することになった日、ひなが陽太のことを呼び、二人は成神家へ帰ることができます。

それから、ひなの病気を治すことを陽太は決意して終わります。

 

ざっと書いてみましたが、全体的な内容はこのような感じで、一緒に遊んでいる所や、それぞれの登場人物の話などに焦点が当てられて細かく描かれていました。

 

まずうさぎ的に印象深かったのは、第2話です。

陽太は同級生で幼なじみの伊座波 杏子に想いを寄せていますが、告白、というか遠回しにそれとなく伝えているというか、とにかくいつも当たって砕けていますよね。

ひなが陽太と伊座波さんをくっつけようと奮闘するのがこの回で、映画のワンシーンに合わせて何度も想いを伝えようと頑張ります。

 

宇宙飛行士か何かの映画の設定で、今からロケットに乗って出発すると言った時に、ロケットはどこにあるの?とか、戻ってくるまで待ってないといけないの?とか、何度も「出発だ」を繰り返す陽太の父親に、お父さんはそれしか言えないの?とかマジレスするんですよ!

これが本当にシュールで面白くてですね、ツッコミどころが満載なのに父親も巻き込んで真面目にやっている感じがもう、お腹が痛かったです。

それと、ボクシングの映画の設定で、陽太と父親と、陽太の親友の国宝 阿修羅の3人で演じるシーンがもうお腹を抱えて大笑いしました。

イザナミサーン!」って陽太が何度も繰り返すんです。伊座波さんに毎度何も伝わってないんですよ!だから、もう帰っていいかしら?とか、お父さんは暇なの?とか言うんですけど、それもすっごい面白かったです。

あと、効果音は口で言うのね、と思いました(笑)

そして、ひなが「失敗じゃ!」って言うのが可愛いのと面白いのとで、前半はずっとお腹がよじれるくらい笑いました。

 

後半は、伊座波さんが音響監督を目指しているというのを見抜いたひなが、楽器店のピアノで一生懸命作曲して、それを陽太が練習して伊座波さんの前で披露するというシーンでした。

ひなが作曲した曲はのちの「夏凪ぎ」という曲になっていますが、本当に素敵な曲でした。陽太が途中で上手く弾けなくなりますが、そこに伊座波さんが入ってきて代わりに弾いてくれますね。そのシーンがとっても綺麗で、音楽も綺麗で、この作品を全部通した中でも一番印象に残っているかもしれません。

優しい曲調で、ひなの心の中はこんな感じなのかな、この曲みたいに穏やかな時間が流れているのかなって思いました。

告白することはできませんでしたが、そこが陽太らしいですね!

 

 

 

長くなってしまいました!

読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

はな

 

 

 

2022/02/09

FGOの現在④ (ネタバレ有り)

こんにちは。うさぎです。

 

今年初投稿の記事は何にしようかと考え、これにすることにしました!

 

およそ1年ほど前からコツコツ頑張ってきたFGOですが、この度、なんと、なななんと……

 

 

人理修復完了しましたーーーーーー!!!!!!

やったあああああああ!!!

「冠位時間神殿ソロモン」クリアしたぞーーーーー!!!

 

 

長かったようで短かった、特異点Fからの記憶…。

うさぎとマシュの旅路が終わりました。

 

実は、本格的にプレイする前に映画が公開したというのもありまして、少しだけ色々な方面からネタバレを食らっていました。

ある人がいなくなる…とか、演出がすごい…とかとか。

いやぁ、感動しました。期待以上でした。

 

有象無象の魔神柱を殲滅すべく、たくさんのサーヴァントが駆けつけて一緒に戦ってくれました。

心強すぎる…

うさぎは魔神柱が苦手です。だって強いじゃないですか~。三騎士に頼りまくる戦法しかできないので、いつも数ターンで負けます。

まあサーヴァント戦ってくれるのは演出で、結局は自分と自分のサーヴァントで頑張るしかないわけですが、それでもやる気が10割増しくらいにはなります。

そして、絆ポイントに応じた攻撃力上昇というシステムが素晴らしかったです。

これまで共に特異点を駆け抜けた最愛のサーヴァントたちと、どれだけ長く過ごしたかが力になるんです。

ありがとう、マシュ。そしてありがとうエルキドゥ。他のみんなも。

 

マシュは本当に強かったです。

いなくなってから、その存在が身に沁みました。

マシュ……

まさかマシュがいなくなるなんて、思わなかったです。

色彩オルゴールバージョンと、美しすぎるイラストで胸が締め付けられました。

マシュの命が短かったのは知っていました。しかし、こういう終わり方をするのだと、ここでマシュの命を使い切ってしまうのだと、あまりにも残酷だと感じました。

でもマシュの生き方はとても美しかったし、強い、芯が通った生き方をしていたなと思います。

絶対にマシュの敵を討ってやると意気込んだ最終戦、マシュの力の大きさを感じ、何度も打ちひしがれました。

 

もう一人…ドクター…。

ドクターのこと、本当に大好きでした。

格好良かったですドクター。

本当は、ロマニじゃなかったんですね。でも、ロマンをありがとう。

ここまで支えてくれてありがとう、という気持ちでした。

 

終戦は、色彩のオーケストラバージョンでした。

この歌は、マシュの歌だったのだと思います。

 

マシュはその後、フォウ君の力で命を得ました。

フォウ君もありがとう。

 

しかしながら、失ったものは大きいですね…。

未だにメインストーリーを進めることができていません。

ドクターがいないことを実感したくないです…。

来月辺りに立ち直れればいいな…なんて思っています。

 

いつか映画も観たいです。

 

 

読み直してみると、前半と後半ですごい情緒不安定ですね(笑)

読んでくださりありがとうございました。

 

 

はな

 

 

2022/02/08

 

 

 

htmt167.hatenablog.jp

 

遅ればせながら…

こんにちは。うさぎです。

前回の投稿がなんと128日前ということで、4カ月、いえ5カ月近く経ってしまいました…。

大変申し訳ありません。忙しかったです!!

本当に忙しくてブログの存在を忘れておりました!!すみません!ごめんなさい!

 

ということで、遅れに遅れた新年のご挨拶をさせていただきます。

 

明けまして、おめでとうございます。

今年がどうか皆様にとって、少しでも素敵な一年になりますよう、画面の向こう側で祈っております。

 

このブログは、備忘録としてうさぎの趣味に関することを書きなぐって置いておくものですが、今年も気が向いたら是非読んでいただければと思います。

 

そして、更新をしていない間にもたくさんの方に読んでいただいたようで大変嬉しく思っております。

本当にありがとうございます。

ネタがたくさんあるので、これからまた少しづつ書いて行きたいと考えております。

 

ではこの辺にして。

 

今年もまだまだつらい世の中になりそうです。

どうか、お身体にはお気をつけて、心もたまには休ませてあげてください。

ご自愛くださいませ。

 

 

 

はな

 

 

 

2022/02/08

いつも(たまに)読んでくださる方々へお知らせです

こんにちは。うさぎです。

今回は、いつも(たまに)読みに来てくださる方々へ、お知らせを書きたいと思います。

大して面白くもない記事を読みに来てくださり、本当にありがとうございます。

日々、感謝しております。

 

さて、どんなお知らせかと言いますと、かなりどうでもいいお知らせです。

不定期更新になります。ただそれだけです。場合によっては、今とさほど変わらないかもしれないです。

最近は頑張って毎日記事を投稿することを心がけていましたが、この先、私生活がかなり忙しくなることが予想されており、正直言って毎日記事を書くのは難しいです。そもそも題材となるアニメを見る時間も取れません。忙殺されます。

ですので、まあゆっくり更新にしようかな、という次第です。

 

時折たくさんの方にアクセスいただきます。どの記事をどのような気持ちで読まれているか、筆者には見当もつきませんが、これからも、誰かが読んでも面白い備忘録を目指していきたいと思います。

 

読んでくださりありがとうございました。

 

 

はな

 

 

 

2021/09/27

【今週のお題】眠れないとき、どうしてる?

今週のお題「眠れないときにすること」

こんにちは。うさぎです。

書くことが見当たらなかったので、初めて【今週のお題】に挑戦してみることにしました。

 

「眠れないときにすること」

筆者は結構眠ることができない日があります!自称・不眠症です!(笑)

寝ることは好きです。むしろ大好きです!!もし、毎日快適に眠ることができるなら、日中も夜中も気のすむまで寝たいです。

しかしながら、年齢を重ねるごとに"眠る"という行為が少し難しくなってきまして、思い通りに眠ることができない日々も増えてきました。

悲しい。非常に悲しいです。好きなことができない。悲しすぎて、中々眠ることができない日の夜は泣きます。これ、冗談とかじゃなくて本当に涙が出てくるんですよ。あぁ、今日も眠れないんだなって。

そんな時、どうしているか...。

ズバリ、何もしません!

一度布団に入ったらもう眠れるまで何もしません。ただ眠れないことと向き合って、悲しんで泣くだけです。

これがかなり精神的に来ます...眠れないことで弱った心に追い打ちをかけます。ですので、そうならないために何をするか...

つまりですね、「眠れないとき、どうするか」ではなく、「眠るために、どうするか」、「眠れなくならないように、どうするか」なんです!

お題の趣旨と違うよって?良いんです(良くはない)!

寝る前にブルーライトを浴びないようにする→今の時代、スマホやパソコンが手放せない人間にそんなことはできません。

寝る前に温かい物を飲む→身体が暑くなって、体温を下げるために交感神経が優位になってしまい、寝るには逆効果だと思います。落ち着くにはいいかもですが、寝る前に胃に何か入れるのは、消化の観点とかからも良くない気がします。

ストレッチする→汗かきません?ていうか続かないです筆者は。

 

じゃあどうすればいいんだよと思うじゃないですか。一番のおすすめがあるんです。

焚き火の映像を見る

これ最強です。あ、でもこれでも眠れなかったことはそれなりにあります。

相性です要は。騙されたと思って一度やってみてください!意外と寝られるかも...。

できたら、日中は少しでも5分でもいいから太陽の光を浴びて、少し身体を動かしたり頭を働かせたりして、昼寝は絶対にしない!!これが大切だと思います。

寝るのは夜だけ!!夜の特権!!!

もし日中、睡魔に勝てない場合はブラックコーヒーを流し込むか、タイマーかけてでも15分だけ寝るか、気力で追い返してください。

もうどうしても無理、眠れない、ってときの最終奥義として、アニメ見ましょ。

 

 

 

皆様が、良い睡眠をとれますように。

 

 

読んでくださりありがとうございました。

 

 

はな

 

 

 

2021/09/26

ギルガメシュ叙事詩 を読んだ話

こんにちは。うさぎです。

今回は、最近読んだ本についての感想を書きたいと思います。

なぜ、「ギルガメシュ叙事詩」を読もうと思ったのかと言いますと、まあご存知の通りFateの影響です。FGOではまってしまったからです。

出典があるなら読んでみようと思い立ち、たまたま手に取った本が少し古く、20年弱くらい前に出版された本を読んでみました。

 

結論から言いまして、非常に読みにくかったです...!

まずですね、その本は、楔形文字で書かれた粘土板を現代語に翻訳したもの、だそうで、普通に外国語の文学作品って翻訳家によって翻訳の仕方が変わるので、相性があるじゃないですか、それを抜きにしても楔形文字アッカド語はまだまだ研究されていますし、やはり正確に訳せない部分もあって、意味は伝わるけど...もう少し解説が欲しい...と思ってしまいました。(うさぎの頭がいけない。) しかも文法うんぬんかんぬん言われても、知識のない一般人にはワカラナイ...。まあ知識をつければいい話ですけどね、突然友人が楔形文字を勉強してたらどう思います?心配しません?

話がそれました。次にですね、粘土板も完全な状態で今の今まで存在しているわけじゃないんですよね。つまり、欠損していて分からない部分があると。そればかりは仕方のないことで、もちろん想像や文中の雰囲気、前後とのつながりや他作品との解釈から、補充できる部分は補足されていました。ですが、あまりに大部分が欠損していて修復のしようがない、という部分も多々ありまして、時折話が分からなくなるのが残念でした。

以上が読みにくい理由です。

内容自体はとても面白いものです。エンキドゥもイシュタルもエレシュキガルもシドゥリも出てきます。ウルク万歳です。ただやはり、原典の人物像はゲームとは違いますね。恐怖を感じたギルガメシュをエンキドゥが励ます、というシーンがあったり、若返りの薬の探索で無理難題を提示されたとき、ギルガメシュなら何とか成し遂げそうなのにできなかったりするシーンもありました。

もう少し読みやすい本を探してまた読みたいです。

実は、アーサー王物語も何冊か読んだのですが、それはまた今度にします。

何にせよ、知らないことを知って、自分のなじみのない国や地域の歴史に触れるって面白いって思いました。

知識として持っていて損がないから読書は面白いです。

みなさんも、今年はぜひ読書の秋にしてみてください!!

 

 

 

読んでくださりありがとうございました。

 

 

はな

 

 

 

2021/09/25